エロ動画は人間を幸福にも不幸にもする

時には戦慄を覚えるほどの快感を与えてくれる。
でもはまりすぎると中毒性も持っている。そんな二面性をもつエロ動画。

Page Top ▲

バランスを保つことが一番大切

われら人間の持つ性欲が生み出した、人類最強にしてて至高の最終兵器・エロ動画。

おそらく誰もが一度はその映像美を目の当たりにし、戦慄を覚えあまりの美しさ・妖艶さに身震いし魅了されてきた事だろう。あまりの強大な力に引きずり込まれエロ動画中毒となり、身を持ち崩してしまった者たちもたくさんいる。時として人を幸せにするためのものが、その人の人生を狂わせてしまう事もある。それだけ恐ろしい力を秘めているエロ動画だが、このエロ動画もけっしてすべてがすべて強大なポテンシャルを秘めているわけではない。中にはただただ時間を浪費させるだけの、ごくつぶしのようなまがい物も紛れ込んでいる。

特に今は情報化社会と言われインターネットが進化しすぎたせいで、粗悪なエロ動画がネット上には溢れ返っている。この事は時として、エロ動画に溺れてしまう中毒者を出さないための抑止力にもなっている、という見方をする人間もいるようだ。確かに見かたによればそうのような解釈もできない事は無いだろう。あまりに熱中してしまうと一切まわりが見えなくなってしまい冷静な判断ができなくなってしまうのが人間というものだ。そうなると目先の快楽に溺れていき、それ以外は一切興味を示さなくなる。

こうなるともう廃人同然だ。エロ動画がないと生きていけない、これでは本来の快楽を味わう事もできないし、仕事もできなくなる。そうなれば収入が無くなる。そうなってしまえば光熱費や食費も用意できず、とてもまともな生活は送れなくなるだろう。だがしかし、流通しているエロ動画が粗悪品ばかりになれば、見る側は一切興味を持てなくなる。そうなれば自然と利用者がそれ以上エロ動画を見てみようという気にはならなくなる。すると自然に中毒者はいなくなるであろうという事なんだろう。確かにそうなれば素晴らしい事だと思う。

余計な被害者が少なくなるのであれば。しかしそれは肝心のエロ動画の素晴らしさまでを奪うことになってしまう。いいもんはいいもんで今後も残していかないといけないし、いくら中毒者を出さないようにと言ったって、そうやって身を持ち崩してしまうものというのはそもそも私生活や環境に原因があるものだ。エロ動画に全責任を負わせてしまうにはあまりにかわいそうだ。

なので大切な事は見るものの器の大きさに合わせたセレクトが必ず必要になってくるというわけだ。